TOP
47.39score

faetha

レーザー?ビーム状の武器の原理とは?

レーザー?ビーム状の武器の原理とは?

ガンダムにはビームライフルやビームサーベル、ウルトラマンにはスぺシウム光線、映画のバイオハザードにはレーザートラップ、その他SF作品にはレーザー銃など、1000mw ブルーレーザーポインタービーム状の武器が登場する作品は多くありますが、それらの光線はいったいどのような原理で相手にダメージを負わせているのでしょうか?

超強力1000mwブルーレーザーポインター 青い・紫レーザーポインター1w


当然、レーザーポインター カラス駆除を手に当てても痛くも痒くもありません。しかし、それらの作品を見ると、敵のロボットの装甲を破壊したりなど、光線が物質に損傷を与えています。

100mw高出力レーザーポインター グリーン 焦点調整点火


プラズマの高温によって金属を一瞬のうちに溶かすプラズマ切断というものの映像をTV番組で見たことはありますが、そのプラズマ切断についてのことも含めて、レーザー?ビーム状の武器が物質に損傷を与える仕組みを教えてほしいです。

レッドレーザーポインターやビーム、これらは光ですね。光っていうのは熱があります。

赤レーザーポインター200mw 端末に電源ロック付き


これら光を焦点に集中させ発散させないものをレーザーといいます。照明は光を部屋に拡散して明るくします、レーザーは光を拡散させずに照射します。レーザーポインターの光で部屋は明るくなりませんよね。

Focusreza レーザーポインターネット専門店、誰にも負けない品質

さて、光を集めると熱も集まります。光の量が増えると熱の量も増えます。そのうち熱の量も上がってきて物体を溶かしてしまうほどの高温になります(医療で使われてますね、レーザーメスです、熱で患部を溶かして切断します)。

虫眼鏡で太陽の光を集めて燃やす事もできます。
要するに光は拡散せずに集まれば超高温になりえるのです。

ここで例えば兵器になりうる量の光と熱を集めたレーザーポインター 高出力があるとします。これらは物体を瞬時に溶かし物体を貫通させてしまいます。

高出力緑レーザーポインター100mw、外観も機能性もあなたを満足させる

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2016-04-14 18:17

コメント (0)